月別アーカイブ: 2016年10月

みくま通信 9月号

「進路の話」〜父との相談の思い出〜

LT_201405_01_r1_c5

集団生活が苦手だった私にとって、大阪への転居と同時に始まった小学校生活は苦難苦渋の連続で、良い思い出がありません。中学校へ行っても学校への失望は続き、やがてこんな生活があと何年も続くことは耐えられない、自分の人生が無駄になってしまうと考えるようになっていました。中学3年生になった頃、母にどの高校に行くのかと聞かれ、「高校へは行きません。中学で卒業します。」とこたえたのでした。学校へは毎日通っていましたが、自分の求めるものを見つけることができずにいたのでした。

私の小学校入学と同時に単身赴任になった父は、週末に帰宅すると日曜日の朝に私と犬の散歩にでかけたものでした。散歩の最中に特別な話も白熱した議論もありません。犬の様子や草木の様子、池の魚や虫の様子、同じものを眺めながら二人でいろいろな話をしたのでした。しかし、中学生になり思春期になった私は父との距離を取るようになり、その二人だけの散歩の機会は減って行きました。

 

その父が、母との進路の話をした翌日、平日の水曜日にも関わらず東京から急ぎ帰って来ました。父は私を呼ぶとおだやかに、「お前は中学校でやめるのかい?」と尋ねてきました。「うん、もういけない。」「どうして高校へ行かないのかい?」私には熱中できるものがあると思うけれど、学校生活を続けていても見つけることができないと感じていました。私が学びたいことは机の上のことでなく、もっと違うことなのだ、このままではずっと手に入れられない、私は自分が打ち込めるものを探すために学校で浪費している時間を有効に活用したい、そんなことを父に伝えたように思います。父はにこにこして「しほこなぁ」と私の名を呼びました。父はよい考えが浮かぶと、いつもそうして私に声を掛け、自分の提案を聞かせたものでした。

「しほこなぁ、お前、中学校の卒業と高校の中退との違いを知っているか?」

「知らない」

父は「明日から、今のお前がまったく受験勉強をしないでも入れる高校は日本のどこかにあるはずだから昼間の高校でも夜間の高校でもいい、その学校を見つけてきなさい。」と言いました。その学校を見つけたらお前は受験をしなさい。合格したらお父さんが入学金も授業料もお金は全部払ってあげます。合格して入学通知がきたら、もうお前は行かなくていい、入学式にも出席しなくていい。だってもうお前は高校に入ったことなんだから。父は独自の持論を展開しました。

LT_201411_img_01

 

「入った高校が面白そうなら通えばいいし、つまらなければ退学をすればいい。どうせ卒業する気がないなら、お前の思う通りにしてみたらいい、やってみなさい。

お前はお父さんの子どもだから、困ったら必ずお父さんが助けてやる。お父さんが必ず必ず助けて支えてやる。」

父は犬の散歩の時の幼い私とのやりとりの、あの同じおだやかな口調で私に話をしたのでした。やりたいことを探すなら、学校という場所の方が多くの人に出会え、たくさんのきっかけにも恵まれる。そこがダメなら違う場所へまた行けばいい。父の一つひとつの言葉は、私の胸で新鮮に響きました。それまではそんな考えがあることを教えてくれる大人は誰もいませんでした。

実は、父の提案は私がどこかで望んでいたものでした。私はやはり学校に自分の居場所や仲間、将来の可能性を求め探していた子どもだったのです。そうして私は高校で美術部の先生に出会います。平日は学校で働いで美術を教え、休日には旅をして、画業を営んでいる芸大出身の先生でした。先生との出会いにより、高校にすら行く気のなかった私は芸大受験を考えるようになりました。やがて、ものをつくることから自分の発想を現実化してゆくことに喜びを見出すようになります。そして自分の生涯をかけての職を考えた時、「自分なら、あの時の自分のような子どもがやりがいを持って通える学校が実現できるのではなかろうか。」そう考えるようになり、体験が教科書である体と心の学校をつくりたいと志すようになっていきました。
LT_201404_01_r1_c1

 

 

私が大学受験を考えながら高校生活を過ごしていたある日のことでした。

日曜日に帰ってきた父が朝食の後で、「しほこなぁ」と私を呼びました。

「お前、高校卒業と大学中退の違いを知ってるか?」
「うん、知ってるよ。」笑った私に「そうか。」と父は愉快にこたえました。

 

相談で解決できることは少ないかもしれない、でも相談で道が開けることがある。これしかないと思いつめて不安に固まっていた肩をぽんとたたかれて、振り向いてみるとなんだ他にもあるじゃないかと気が付いた新たな道を発見できることがあります。行き止まりだと思い込んでいた道行は実は大きな曲がり角で、その先に
思いもよらなかった道が続いていることがあったりします。
進みたい方角があるのなら、その方角へ進んで行こう、どれが近道かはわからないけれど、誰も通ったことがない道であっても、それが回り道であったとしても、どこかに日が差しているからそれを探って行くんだよ。相談とはその手伝いをすることだ。父との思い出はそう教えています。

子育てに一段落した私ですが、今も自分の進路に迷います。
暗闇が迫る気がしてきます。そんな時、父と相談した日のことをいつも思い出してみるのです。同じ思いで様々にやってくる保護者の前にすわる時、私が大切にしている思い出です。