みくま通信 12月号

「花さき山の話」

LT_201501_img_03

 

「花さき山」という絵本があります。地味な本で、みくま幼稚園の図書室にも長い間置いてあります。切り絵でできた美しい絵本なのですが、子どもが飛びつくような楽しそうで胸踊るといった印象の表紙でもありませんから、なかなか借り手もつきません。私の母が園長だった頃、母はこの本が好きで機会があれば保護者や子ども達によく読んでいました。

当時は事務所の職員として川崎さんという年配の女性が勤めていました。温厚なその人柄から保護者や子ども達、職員にもとても慕われていました。冬休みには川崎さんのご夫婦が毎年のように職員を連れてスキー旅行にいきました。その頃は、みくま幼稚園が通園バスを持たず徒歩通園だけだった時代で、千里ニュータウンの老化に伴い西町の子どもが激減していました。通園バスを持てば一つの小学校区に一つの私立幼稚園の均衡が崩れます。といってこのままでは経営が破綻する。オイルショック以降の時代の過度期がやってきて、みくま幼稚園もクラス数が減少、2階の保育室は戸締めになり、何かひっそりと寂しい影が幼稚園に住み着いていました。通園バスを持とうと決断した母は、事務所の川崎さんとたった二人で幼稚園のパンフレットを配りにまわります。マンションの説明会場や管理組合、様々な所にみくま幼稚園が通園バスを出して子ども達を送迎することを伝えにいったそうです。当時は幼い子どもがバスに乗って遠くの私学に行くことに抵抗を感じる保護者が多い時代でした。保育年数は1年保育、2年保育が主流です。3年保育の子どもはほとんどいない時代でもありました。経営する者にとってはいつの頃も四季があります。冬の季節がやってきた時、たった一人で大きな決断を迫られることがあります。そんな時、事務所に座る川崎さんは親身な相談相手でもあり、心を温めてもらえる相手でもあったのでしょう。

 

LT_201501_img_02
川崎さんが病気で亡くなった時、母は全職員に「花さき山」の絵本を贈りました。表紙をめくるとそこに川崎さんへの思いの手紙が添えられていました。

 

一つ親切にすれば一つ花が咲く。やさしい心でやさしい小さな花が咲く。その一つ一つが集まって美しい花を咲かせている花さき山、迷い込んでしまった女の子「あや」はやまんばに出会い、花さき山の由来を聴きます。しかし村に戻れば大人達からはそんな場所はあるわけない、狐に化かされたんだと笑われます。再びその場を訪ねようとしても、もう二度とその花さき山へ行くことはできませんでした、そんなお話です。苦しくても楽しくても、今日という日が二度とは来ない私たちの人生の中で、ともすれば忘れられてゆく他者への小さな願いや思いやり、やさしい気持ちが花になって咲いている。物語は最後に「けれどもあやは、そのあと、時々『あ!今花さき山で、おらの花が咲いてるな』って思うことがあった。」そう綴られています。

 

この幼稚園に勤めて以来、私はたくさんの人のやさしい気持ちに出会ってきました。我が子以外の子どもへの思いやり、自分以外の人間のための苦労、人知れず、黙って静かに施されてきた優しさの数々に触れることができました。今を生きる子育て中のお母さん達も、時々思い起こしてください。たくさんの花がきっと花さき山に今揺れているでしょう。

 

みくま幼稚園の運動場には3つのお家が立っています。そのいちばん小さなお家が「トキちゃんハウス」です。お葬式の後、川崎トキ子さんを忍んで建てられたお家です。めぐる季節の中でひっそりと園庭の花や木の下で、子ども達を優しく見守っています。